視野が狭くなる症状|緑内障の恐怖|大切な瞳を守る術を一挙公開
婦人

視野が狭くなる症状

婦人

若い世代にも増加中

緑内障は視野が徐々に狭くなり、放っておくと失明の恐れがある病気です。これが起きる理由として、眼圧の上昇により視神経に障害を受けてしまうからです。眼圧の上昇は、房水を排出するシュレム管が詰まってしまうときに起きます。目の炎症など様々な理由で詰まってしまうのですが、高齢になるほど詰まりやすくなるため老化の1種ともとらえられています。しかし、緑内障は最近では若い世代にも増加している状況です。一般的に40歳以上になるとその割合が増えることから、注意が促されています。40歳以前の若い世代に緑内障が増えてきた理由は、パソコンやスマートフォンによる目を酷使する環境が指摘されています。緑内障を防ぐためには、目を十分に休ませてあげる習慣が大切です。

有効的な対策

緑内障はなかなか症状に気づけないところがあり、気づいたときには症状が進行していた場合も珍しくありません。一気に視野が見えづらくなるわけではなく、徐々に視野が狭くなってくるため、気づきづらい点があるのです。緑内障は治療をしても視力の回復は難しく、進行を止めさせることだけしかできません。そのため、緑内障対策として一番いい方法は、眼科で定期的な検査を受けていくことです。この検査は、眼圧・眼底・視野を調べていくものです。万が一異常があればすぐに治療が受けられるので、症状を進行させてしまうことはありません。緑内障の治療では、目薬によって眼圧の上昇を抑え、症状の進行を防いでいきます。40歳以上では30人に1人という割合で症状が認められるため、身近な病気として対策を意識していかなければいけません。