女性

症状と向き合っていく

医者

飛蚊症はほとんどは生理現象ですから、過剰に気にする必要はないです。ただ、まれに病気が隠れている場合もあるので、飛蚊症に変化があった場合はすぐに受診した方が安心です。今までは治療は難しいとされていましたが、ルテインで改善することが分かりました。

もっと詳しく

失明リスクが極めて高い

女性

病気の概要

緑内障とは、眼球が受信した映像を脳に伝達するための視神経に異常が起こる病気です。これによって、視野が狭くなったり、視界の一部に欠落が生じたりするなどの症状が出ます。考えられている原因は遺伝子異常や、神経を変質させる失陥、ある種の薬剤の影響など、多岐に渡ります。緑内障では失われた部分の視界を再生することは難しく、失明の危険性も高い病気です。急激に進行する場合は目に痛みなどの異常が発生し、嘔吐や頭痛を伴うケースもあります。進行が穏やかな場合、症状は軽微ですが、気がついた頃には末期症状となっているケースも少なくありません。視力回復は見込めない病気ですから、早期発見が必要で、健康診断などの受診が重要と言えるでしょう。

重要なのは早期発見

緑内障は特に高齢者ほど罹患率が高くなる傾向があります。40代で20人に1人、70代となると10人に1人が患っているという調査結果も報告されています。また、この病気は発症の低年齢化も示唆されていますので、若くても油断はできません。自分では気づきにくい上、治療は根治治療ではなく、症状や進行を押さえるための対症療法が中心となっていますから、早期発見はとても大事です。初期でしたら点眼薬や内服薬でも対応できる可能性はありますが、ある程度進行したり、薬剤の効果が充分でない場合は外科手術を検討することになります。緑内障の根治知慮には技術の進歩が必要なことも有り、現時点では例え異常を感じなくても、定期的に検査を受け早期発見を目指すのが望ましいです。

視野が狭くなる症状

婦人

緑内障は40歳以上に増加してくる目の病気です。視野がだんだんと狭くなる症状があり、それに気づくのが遅れた場合はどんどん進行してしまい失明する可能性もあります。緑内障を防ぐためには、日頃から目を休ませるようにし、眼科での定期的な検査が目の健康を守ってくれます。

もっと詳しく

若い人にも起きる目の症状

目

飛蚊症は視界に虫のようなものがあらわれる症状を言い、一般的に中高年に多い症状と言われています。しかし、最近では若い人にも症状が目立つようになり、目を使い過ぎる習慣が問題視されています。飛蚊症は基本的に治療というものはないですが、中には危険な病気につながる場合もあるので眼科での受診がおすすめです。

もっと詳しく